待合室 診察室 入院室
血液検査 デジタルX線 超音波エコー
マイクロバブル 手術室 内視鏡

レントゲン装置

目に見えない体の内部まで見ることができるのがレントゲン(X線)です。
骨折や関節炎の診断の他、肝臓や腎臓など、臓器の全体的な形を捉えることができます。臓器の内部を細かく検査する場合は超音波エコー検査との併用が必要です。

デジタル式のレントゲン装置は、従来のフィルム式のレントゲン装置に比べ、細部まで細かく観察でき、放射線被曝量を低く抑えることができるという利点があります。